マイカーのタウンボックスに乗っているうちに困ったことや悩みに思うことが出てくることがあります。そんなとき、コタエを知っているかどうかで、損したり、得したり結果は大きく違うこともあります。近頃はネット生まれの便利なサービスも登場したり、ちょっと気を抜くといい方法に気づかないままということもありえます。それはプロの整備士さんでも。特にプロの場合、利害関係から教えたくないサービスとかもあるでしょう。例えば一括査定とか、保険の一括見積など。タウンボックス特有の情報から、一般のクルマでも使える情報まで、見つけしだい順次まとめていきます。タウンボックスの悩みや困ったに、いざという時にチェックできるページになれば幸いです。車の購入から、メンテ、手放すときまでを対象に情報収集していきます。

タウンボックスの困ったはこのサイトに聞こう!
悩み別にお役立ちサイトをガイド

タウンボックスの買取り(下取り)査定なら


あなたのタウンボックスをできるだけ高く売るためのポイントは、今、一番高く買取る買取店を見つけることです。

すごく当たり前のことですが、当たり前のことほど 見失いがちです。

どうして見失うのか? それは、「無理」「面倒」と思い込んでいるから。

でも実は、ネットを利用すると、ものすごく簡単に、あなたのタウンボックスを一番高く買取るお店を見つける事ができます。 しかも無料です。

やるべきことは、わずか数分のカンタン入力でOK。 あなたのタウンボックスに対応できる自動車買取店が査定を競う仕組みです。

「査定ってもっと面倒だとおもってたのに・・」と驚かれ、ナットクの査定に喜ばれます。 利用者も100万人をあっという間に突破。

そのサービスは「カービュー」。 日本最大の車買取・車査定ネットといわれてます。 買取店にとっても営業経費を抑えて買取チャンスが広がるため、買取価格に自信がある買取店がたくさん参加。

愛車を手放してから、この方法に気づいた人が、本気で悔しがってます。 忙しくても、ハジメテでも、大丈夫。


参考サイトをご紹介・・・

/タウンボックス/任意保険選びの新常識


タウンボックスの任意保険選びで、迷っていませんか?

近頃、話題の格安の保険が出回り、どの保険がいいのか分からなくなってませんか?

自動車保険も競争の時代なので、有名保険会社も含めて、便利なサービスや保険料で勝負する競争が行われてます。

それに加えて、便利な仕組みが登場してます。 それは・・・

たった1回の簡単手続きで、あなたのタウンボックスの保険の見積を、有名保険会社が競います。 比べられるから保険各社の違いから理解も深まります。 「思ったより簡単」と驚かれ、各社で「こんなに違うの!」とまた驚かれます。

利用者が、「もっと早く利用すればよかった」と本気で悔しがる方法です。


参考サイトをご紹介・・・

/タウンボックス/ケータイ版HPにも新常識


タウンボックスの買取り・下取り・査定、保険選びなどモバイルサイトもなかなか便利です。

ケータイだからいつでもどこでもできる気軽さがあります。 時間をムダにしません。


便利サイトをご紹介・・・


自動車お役立メモ

車をぶつけられたとき
信号待ちで完全に停車していたとき、横から出てきたクルマがドアにぶつかってきました。相手は恐縮してすぐにでも修理しましょうということで、整備工場に車を運んだのですが、そのとき警察を呼ばなかったのがあとで問題となり、警察から呼び出しがあったのでした。壊れた車をわざわざ警察まで運ぶことになりました。相手が非を認めても、事故証明が保険などで必要となりますし、必ず警察に連絡する事が大事です。

まさか!愛車が水没するとは
異常気象、ゲリラ雨、集中豪雨、全国各地に突発的に発生する雨で大きな被害が出ています。クルマにも被害が出てます。避難が遅れたクルマが水没車となってしまうことも。もし愛車が水没車になったときはどうするか?実は無料査定のサービスがあります。直して乗るか?買い替えか?は査定額を確認してから判断してはどうでしょうか?

査定前の車検やキズ
クルマの買取り査定の前に、車検を通すべきか?キズを治すべきか?もし悩んでいたら基本はそのまま!です。お金をかけても、それに見合ったさて額のアップは難しいからです。お金をかけずにできる小さなキズなどは自分で目立たなくするのも手ですが、やり方が分からない人はそのままにしておきましょう。

車検いろいろ
規制緩和でユーザー車検の登場して以降、車検にもいろいろなカタチが増えました。もともとあったお任せタイプの車検から、必要な整備や消耗品取替えを選べるタイプの車検、最低限の整備・調整でそのとき車検を通すだけの車検などなど。選べる自由はありますが、その分ユーザーも車のメンテナンスをしっかり理解する必要がありますね。

自動車免許の制度の変遷
自動車免許の制度は時代にあわせて変更されてきました。重大な事故や、技術の進歩、高齢化などの社会情勢に合わせて変わってます。当たり前といえば当たり前のことなのですが。例えば運転者の区分や、AT限定、シートベルトの義務化などなど。これからも必要に応じて変わっていくのでしょう。

節約もエコも/タウンボックスのこと特集。

Copyright © 2007-2012 マイカー・カーライフの困ったはこのサイトに聞こう!. All rights reserved